秋田市立山王中学校

Sanno Junior High School

生徒会活動

 第66期山王中学校生徒会スローガンは「繋(つなぐ)」です。
「繋」には色々な糸を繋ぐという意味が込められています。

「あいさつの糸」
丁寧なあいさつを全校で繋いでいきます。
「やる気の糸」
1人1人がやる気をもち、大きな志に繋いでいきます。
「自律・自立の糸」
頼るだけでなく、自分で考える力をつけ、切磋琢磨する心を繋いでいきます。

このスローガンのもと、生徒会では1人1人の意見を大切にして先輩の意志を受け継ぎ、いろいろな糸を繋いでいきます。
生徒会全員が、やる気を行動に現して、山王中全体での大きな一歩を踏み出します。

・生徒総会 ・任命式 ・赤い羽根募金 ・あいさつ運動
・プルタブ/アルミ缶回収 ・ガム取り研究会協力 など

○○○○○○○○イメージ


「日進月歩」あいさつの一歩 やる気の一歩 自律の一歩

 私たちの新しい合い言葉は生徒全員にアンケートをとり、代表者による会議を経て決定しました。会議ではお互いの意見がぶつかり難航しましたが、最終的に山王中生の「やる気」が表れた素晴らしい合い言葉を完成させることができました。
また、合い言葉の旗のデザインも、全校生徒から出してもらったデザインをもとに決定しました。山王中が歩む「道」をイメージしています。五年、十年と、この道を一歩一歩、歩んでいきたいと思います。

・委員会への参加 ・キャプテン、部長会への参加
・中学生サミットへの参加 ・生徒会執行部会議
・生徒会だよりの発行 ・集会の運営 ・生徒会入会式
・部活動説明会 ・中総体報告会、激励会
・山王フェスタ準備 ・3年生激励会など

五本の桜の木

 山王中学校創立六十周年記念の五本の桜の木には、それぞれ名前があり、次のような意味が込められています。
「夢」…この木が生長していくごとに山王中生の夢が実ってほしい。
「心」…思いやりがあり、心の広い山王中生でありたい。
「あいさつ」…立ち止まってあいさつを進めていきたい。
「やる気」…自ら動き、自立する山王中生を目指したい。
「自律」…目標に向かって日々努力する山王中生でありたい。

生徒の活躍

<全国大会での活躍>
吹奏楽 全国金賞 昭和46、49、50、51、53、55、平成7、8、9、11、13、16、17、20、25、26
運動部 全国優勝 昭和51(陸上競技 3000m)
昭和56、57、58(水泳競技 女子100m・200m平泳ぎ)
平成19(ソフトテニス女子個人)
文化活動     平成21(原子力作文:文部科学大臣賞)