自分の命は、自分で守る。

5月の避難訓練に続き、今日は「不審者を想定」して、避難訓練を行いました。

子どもたちは、「放送をよくきき、避難場所をしっかりと確認」してから「不審者のいる場所を通らない」ように「避難の心得『おはしも』を守って」、避難場所に集合しました。

今日の避難にかかった時間は4分ちょうど。前回の避難は4分7秒02でしたから、避難場所や条件は違うものの、7秒ほど短縮できたことになります。

「事件や事故は、いつ、どこで、だれに起こるか、だれにも分かりません。だから、5月や今回の訓練のように、備えをしておくことが大切なのです。自分の命は自分で守ることを、心がけてください。」校長先生のお話を真剣に聞きます。

続いて、小熊先生から不審者対応の仕方を紹介するビデオをもとに、具体的な対応について教えてもらいました。

不審者対応のキーワードは『いかのおすし』。頭で分かっていても、万が一のとき、とっさにできなければいけません。これからも機会をとらえて、こうした訓練を続けていきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です