秋田南中学校 

第66回入学式



 と き 平成30年4月9日(月)
      13:30〜14:30

 ところ 学校体育館 
歓 迎 の こ と ば (生徒会長)
 一日一日と暖かくなり始め、春の日差しが心地よく感じられる頃となりました。
 晴れて今日ご入学される106名の新入生の皆さん。ご入学おめでとうございます。私たち在校生は皆さんの入学を心待ちにしていました。
 去年の11月に見学に来てから早くも5ヶ月が経ち、まだ少し大きめの制服に身を包み、中学校へ登校した皆さんはきっと、期待と不安で胸がいっぱいだと思います。2年前、私も皆さんと同じ気持ちで入学しました。しかし、心配はいりません。思いやりのある先輩たちに囲まれ、私の不安がすぐに吹き飛んでしまったように、今度は皆さんが早く中学校にとけこめるように、私たちがお手伝いします。
 中学校の授業では、教科ごとに担当する先生が変わり、各教科の専門の先生が分かりやすく丁寧に教えてくださいます。たくさんの先生方との出会いを楽しみにしていてください。
 9月、南中が一丸となる南中祭では、全校生徒がいろいろな部門に分かれ、各部門が南中祭の企画や運営にあたります。南中祭の最後を飾る合唱コンクールでは何ヶ月も前から曲を選び、クラスごとに練習を重ね、最高の合唱を創り上げます。私たちは仲間と力を合わせて行事を完成させたときの、あの素晴らしい達成感を皆さんと分かち合いたいと思っています。    
 放課後の部活動は、クラスや学年の枠を越え、多くの仲間と共に汗を流し、心と技を磨きます。私自身は剣道部の一員として日々練習に励んでいます。勝利を目指し、目標に向かって努力する時間は、皆さんにとってかけがえのない思い出となることでしょう。  
 小学校の半分の3年間は皆さんが思っているよりもあっという間です。多くのことを学び、経験して、実りのある3年間にしてください。そして私たちと共に、素晴らしい思い出を創りましょう。
 皆さんのご入学を心から歓迎いたします。
誓 い の こ と ば (新入生代表)
 日差しの明るさや風の暖かさに春の訪れを感じ、心がはずむ季節となってきました。3月に小学校を卒業したときは、もうすぐ中学生になるという実感がわかず、不安に思っていました。でも、今日、真新しい制服を着てこの場に立つと、秋田南中学校の生徒になれた喜びと、これからどんなことが待っているのかという期待で胸がいっぱいになります。
 中学校の3年間を充実したものにするために私には心がけておきたいことがあります。
 それは、物事に積極的に挑戦するということです。私は今まで与えられたことを一生懸命がんばることはできましたが、自分から進んで挑戦していくことはあまりありませんでした。与えられたことをがんばるだけで満足していたからです。これからはそれだけで満足せず、自分の手でチャンスを作り、いろいろなことを体験することによって、自分自身身を成長ぎせていきたいと考えています。
 私たちの可能性は、友達と助け合い、協力し合うことで、さらに広がっていくと思います。私もこれまで何度も友達に助けられてきました。私たち新入生は、互いに切磋琢磨し合いながら、ともに高め合い、悩み立ち止まってしまうときこそ助け合える関係を目指していきたいと思います。今日のこの出会いを大切にして、お互いを理解し合い、思いやりの気持ちをもって友情を深めていきたいです。
 これから始まる中学校生活では、不安なこともたくさんあります。また、自分の行動に対する責任がこれまで以上に大きくなると思います。しかし、失敗を恐れず、何事にも全力で取り組んで行きたいと思います。そして、自分が今何ができるかを考え、今できる最高の自分を目指して、一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。悔いのない楽しい学校生活になるよう努めていきます。
 最後に、校長先生をはじめ、先生方や上級生のみなさん、そして地域の皆様。私たちは1日も早く中学生活に慣れ、秋田南中学校の生徒として、自信をもって行動できるようがんばりますので、ぞうどよろしくお願いいたします。