PTA講話会
2017/12/2
 総合的な学習の時間全校発表会のあと、PTA講話会が行われました。秋田県唯一の臓器移植コーディネーター、佐々木聡氏を講師にお迎えし、『臓器移植を通じて命の大切さを考える』という演題で講演をしていただきました。
 講演の内容は、
 @臓器移植・提供について
 A臓器移植コーディネーターの仕事について
 B講師の先生の中学時代について
 C絵本『100万回生きたねこ』について
 でした。
 臓器移植は、誰かの死の上に成り立って人を救うことであり、臓器移植する方のご遺族が臓器提供をするとしても、しないとしても後悔しないようにお手伝いすることを大切にして活動なさっているそうです。講演全体を通して、自分の命は、多くの人によって支えられていること、生きていると言うことは、それだけで周りの人に影響を与えている事であり、生きていること自体に意味があること、その命を大切にしなければいけないことを生徒たちは学びました。講演の後の質疑応答でも生徒たちから活発に質問が出され、この講演が生徒たちにとって印象に残るものであったことが分かりました。
 お忙しい中で、本校の生徒のために講演をしてくださった佐々木先生に感謝いたします。