創立50周年記念式典
 2017/11/11
 秋田市立雄和中学校創立50周年記念式典が執り行われました。
 第1部では、記念式典を行いました。
 第2部では、雄和中学校の歴史を振り返り、50周年を記念して、全校生徒で大正寺おけさを踊り、スクールソング「YELL」を合唱しました。
 第3部では、秋田ノーザンハピネッツ株式会社代表取締役社長、水野勇気氏に講演していただきました。

 
・校長式辞 ・生徒会長による
 「喜びの言葉」 
・全校生徒による
 「大正寺おけさ」1
・全校生徒による
 「大正寺おけさ」2
・ノーザンハピネッツの
 水野勇気氏が「バスケで秋田を元気に〜ゼロからの挑戦〜」をいう演題で記念講演をしてくださいました。 
・代表生徒が水野氏に感謝の言葉を述べ、花束を贈呈しました。 
     
     
     
生徒の振り返りから  
○50周年という節目の年を迎えて、過去の先輩たちが築き上げてきた伝統を後世に伝えていかなければならないと改めて実感しました。
 
○講演会では、(水野社長がおっしゃっていた)「動けば変わる」というキーワードについて考えさせられました。これは、(自分たち)受験生にも当てはまることだと思いました。モチベーションを上げるために常に意識して勉強に励みたいと思います。
 
○式典の第2部で今までの雄和中の歩みを見たときに50年前から現在までたくさんのものを受け継いでいることを知りました。伝統を受け継いでいくのは簡単なことではないと思うので、改めて雄和中のすごさに気付くことができました。
 
○雄中の歴史の紹介などの準備や式典で話を聞いて、雄中は地域の人にたくさん応援されていることに改めて気付きました。
 
○(水野さんのお話を聞いて)私も将来秋田や雄和に少しでも関わりたいと思いました。