総合的な学習の発表会
2016/12/3
 総合的な学習の時間の全校発表会が行われました。
 1年生は、班ごとに雄和地区の職場体験で学んだことを、2年生は、1人1職場を訪問した職場体験で学習したことを、3年生は、3年間の総合的な学習の時間を通して、学んだことをまとめて、発表しました。どの発表も中学生としての成長を感じさせるものでした。
 また、ご多忙の中、ご来校された保護者の方々、ありがとうございました。

発 表 会 T
 発表会Tでは、小グループに分かれて、各教室で発表会が行われました。それぞれの発表に対しての質疑・応答や感想の発表も行われました。保護者の方も参観されました。
     
 発 表 会 U  
  発表会Uでは、体育館で各学年の代表生徒が発表しました。
1年生の発表から 
  『人との関わりを大切にする。』『周りにあわせて行動を決めるのではなく、自分のことを信じて、自分から行動を起こすことが大切。』
 2年生の発表から    
 『仕事は、人のために行うもの。』『やりがいや楽しさを見つけることで仕事を続けていけるのではないか。』『人間関係づくりを得意にして、相手の気持ちを考えて行動する。』『相手を喜ばせるアイデアをもつこと。』 
 3年生の発表から    
  3年生は、1・2年生の総合的な学習の時間で学習したことを生かして、自分の進路に関することや自分の住む地域のことなどを発表しました。自分の将来について、必要な資格などを調べてわかりやすくまとめました。
 
 
 講 話 会  
  秋田南消防署雄和分署の方をお招きして、『消防士をめざす あなたへ』という講話題で講演していただきました。消防職員の一日や消防署員の種類や活動などをお話ししていただきました。その中でも、講師の方が救急救命士の資格をとろうと決めたきっかけとなるエピソードは、緊迫する現場の空気が伝わってくるお話で、生徒の心に響いたものでした。
 『興味あることをとことんやること』『あきらめない気持ち』『やりたいことがまだ見つかっていない人は、何にでも挑戦すること。』が大切であるとおっしゃっていました。モットーとしていることは、『因果具時。現在の自分は過去の自分の行いによってできている。未来の自分は、現在の自分の行いの積み重ねでできる。』とのことです。
 お忙しい中、ご講演してくださり、ありがとうございました。

〜生徒の感想発表から〜
『講話から学んだことを将来に生かしたい。』(1年生)
『消防職員のお仕事は大変そうだけど、やりがいを感じられた。』(2年生)
『365日、休み無く働く消防署の仕事はなくてはならない仕事だと感じた。』(3年生)