雄和自然教室
2016/10/6
 雄和自然教室が行われました。校長先生が『雄和の自然・歴史・文化を改めて考える』、『仲間と活動して、お互いの気持ちを理解したり、絆を深めたりする』活動になるようにしてほしいと開講式でお話ししました。その後、おけさの歴史を学び、各学年ごとに分かれて、高尾山で活動しました。最後に、中央公園に移動して野外炊飯をしました。その様子をご紹介します。

開講式・講演会

 大正寺おけさ保存会会長の珍田智様をお招きして、『秋田から全国へ〜大正寺おけさに関わって学んだこと〜』という講題でお話をしていただきました。大正寺おけさの歴史や保存会の活動について学習し、強い思いが行動をつくり、多くの人に広がっていくということを学びました。
 大正寺おけさとの出会いによって、大きな衝撃をうけ、その後の人生が大きく変わったそうです。『大正寺おけさを通して、唄のつながりが人のつながりになり、全国広がった。』
 強い思いをもって活動した結果、その活動は大きく広がっていきました。そして、「外」から秋田や雄和、そして日本を見たときに、『国際人とは、日本人であることを訴えられる人のこと。』であると考えたそうです。他県の人々と交流を続けるうちに、民謡や文化を大切にする『優しい地域』を故郷にもっているということのありがたさを感じたそうです。
 最後に、『想いの強さがあれば、できる。本気で想い、本気で考えることで想いが現実になる。』と、ご自身の経験から中学生たちに語ってくださいました。
 お忙しい中、大変貴重なお話をしていただき、ありがとうございました  
 生徒の感想発表・感謝の言葉から〜
『人との関わりを大切にして生活したい。』『より詳しく大正寺おけさについて知ることができた。これからもおけさを大切にしていきたい。』『おけさを守っていきたい。そのためにも積極的にまつりに参加していきたい。』  
高尾山での活動
 高尾山に移動して、学年ごとに活動を行いました。
 ◎ 1年生  〜高尾山オリエンテーリング〜
 ◎ 2年生  〜高尾山ボランティアガイドの方からお話を聞きました〜
 
 ◎ 3年生  〜高尾山登山〜
  野外炊飯
 中央公園バーベキュー広場にて、野外炊飯を行いました。メニューはうどんです。それぞれのグループで、調味を工夫して、おいしく食べることができました。グループのメンバーで協力して活動して、楽しく過ごすことができました。
 
閉講式  
 生徒の感想発表から〜
『たくさんの経験をした。それらがすべて、よい経験になった。』『自然のいいところやすごいところを知ることができた。』『高尾山から見たのは、3年間でいちばんきれいな景色だった。』