3年生を励ます会 冬休み前集会
2016/12/16
 3年生を励ます会が行われました。生徒会執行部が中心になって、1・2年生が3年生にこれまでの感謝を伝え、3年生がこれから迎える受検を乗り切れるように励ます集会です。
 その後、賞状伝達式と冬休み前集会が行われました。

3年生を励ます会
 3年間の思い出を振り返るスライドショーを見て、中学校生活を振り返りました。その後、1・2年生から、3年生にエールを送りました。そのエールを受けて、3年生から1・2年生にエールが送られました。
 最後に、1・2年生が作った寄せ書きを3年生へと手渡しました。
     
 冬休み前集会
 賞状伝達式の後、冬休み前集会が行われました。
 学年代表生徒の発表、校長先生のお話、最後に生徒指導の先生から冬休みの生活についてのお話がありました。明日から始まる冬休みを安全に有意義に過ごして欲しいものです。  
 
○ 1年生の代表発表から
 『部活動で、先輩が引退してからは、先輩から教えてもらったことを思い出して、練習した。』『集中して、授業や家庭学習をしっかりと行い、来年は後輩の手本になれるようにがんばる。』  
○ 2年生の代表発表から 
  『委員会活動で、先輩がいなくなってからは自分たちが委員会の司会をして、会を進める立場になった。会をスピーディーに進められるようになりたい。』『目標の点数をとるために、学習時間を長くしてがんばった。点数も上がり、目標の点数を取ることができた。先生方にも褒められて自身がついた。来年の受検を意識して、学習したい。』
○ 3年生の代表生徒から
 『1・2年生のとき、部活動に専念して、勉強をおろそかにしていた。それを反省して、3年生では、学習時間を増やして学習した。冬休みは、さらにがんばって学習したい。』『部活動をしているときは、規則正しく生活できていたが、引退してからは、不規則になっていたので、生活面では、規則正しい生活をするように心掛けた。』
○ 校長先生のお話から 
 『感謝の気持ちを忘れずに。お世話になっている人、応援している人に対して、感謝の気持ちをもつこと。』『感謝の気持ちは、どんな場面でも大切なもの。』