太平小学校を襲った豪雨について
    

停滞した前線に湿った空気が流れ込んだ影響で、
平成29年7月22日(土)夜半から23日(日)にかけて
秋田市では、降り始めからの雨量が約350ミリに達し、
7月の平均総降水量の約1.7倍を記録しました。

太平小学校の横を流れる「太平川」の水位も上昇し、
23日午前5時の段階で、グラウンドが水没しました。

午前5時の太平川の様子
一面、水に覆われたグラウンド
グラウンド前の小屋もこの状態
校門前にあふれる水
玄関に続く校庭も一面の水

午前11時頃をピークに、徐々に水が引き始め、
23日中には、すっかり水はなくなりました。

24日は、水が引いたあとに残った泥などを清掃し、
いつもの姿を取り戻した太平小学校でした。
全国の太平小学校の卒業生のみなさん、
太平小学校は大丈夫です。
プールの壁に残る水のあと

後日、7月23日(日)午前10時30分頃の様子の写真を
地域の方が学校に届けてくださいました。ありがとうございます。
下流方向の様子

本町橋の様子

上流方向の様子