Topページへ

「下浜の海の青さを忘れまい」



  昭和59年11月、校舎改築にあたり、当時の高田景次秋田市長から贈られ
た言葉である。落成式で高田市長は、この句に込めた思いを次のようにお話さ
れている。


  目の前に広がる日本海、吹き渡る潮騒がこだまする松林など雄大な自然を
表現するとともに、次代を担う子どもたちに、郷土に誇りをもつことや理想を追
い求めることの大切さを説く名句であり、本県が共通実践課題とする「ふるさと
教育」「キャリア教育」、本市が重点事項とする「夢や希望、志をはぐくむ教育の
充実」「人と人との絆づくり」と軌を一にする理念であると捉えている。

 本校では、これまで、記念石碑に刻まれたこの句とそこに込められた想いや
願いを踏まえながら教育実践を積み重ねてきたところであるが、今後は、校訓
として受け継いでいきたい。

下浜中生が目指す姿