薬物乱用防止教室

10月30日(木) 薬物乱用防止教室が開催されました。

対象は全校生徒。厚生労働省元麻薬取締官の加藤幸三郎
先生による講話、学校薬剤師の栗山眞太郎先生による講話
そしてキャラバンカー見学で薬物乱用の恐ろしさについて学
習しました。

講話では@薬は正しく服用しないと毒にもなること A覚醒剤
など禁止薬物は1回でも乱用になること、そして誰もが自力で
は抜け出せなくなること B薬物依存の怖さや実際の摘発事
例などについて学びました。

質疑応答の場面では中学生から「薬物が胎児に影響を及ぼ
すことがあるか」、「中学生はどんな方法で麻薬を手に入れた
のか」、「薬物中毒の治療法はあるのか」といった質問が出ま
した。これに対し、加藤・栗山両先生から丁寧な回答をいただ
くことができました。

最後に各学年代表生徒が感想とお礼の言葉を述べましたが、
薬物乱用が遠い別の世界の話ではなく、身近にある危険であ
ることを理解できた行事でした。

戻る
Topページへ