学校祭での発表

羽川剣ばやし
 
下浜中学校では、総合的な学習の時間などを使って羽川剣ばやしの伝承
に取り組んでいます。

羽川剣ばやしは秋田市下浜の羽川地区に古くから伝わる伝統芸能です。
昭和54年10月9日に「秋田市無形民俗文化財」に指定となり、平成4年
には秋田県民俗芸能詳細調査の対象芸能にもなりました。



































元々、城主「羽川小太郎義植(よししげ)」が天正4年(1579)に大曲城を
攻略した時、自ら戦勝の宴で剣をふるって舞い、城内の婦女子に銀の扇
を与えて踊らせたことが始まりだと伝えられています。

のちに羽川氏は滅び、時代とともに剣舞はすたれ、女性が舞う奥ゆかし
いものだけが「羽川剣ばやし」と名付けられ、受け継がれてきました。

全校生徒が学年、学級を離れ「学校祭での発表」を目標として取り組ん
でいます。

[踊り] [太鼓] [笛] [鐘・鼓]の4つのパートに分かれて「羽川剣ばや
し保存会」の方々の下、練習を行っています。夏の熱気に負けないよう、
一生懸命練習をしますが、とても楽しい時間でもあります。



もどる
Topページへ