フキの伝説〜ふきになったむすめ〜
〜仁井田地区のフキにまつわる伝説です〜
 むかしむかし,仁井田がまだ仁井田村とよばれていたころのお話です。
 村はずれに,ふきという名のむすめが,お父さんと二人で住んでいました。
おとうさんとふたり
 ふきがまだ生まれたばかりのころに,お母さんは病気で死んでしまいましたが,そのぶんだけお父さんは,村の水車番の仕事をほそぼそと続けながら,ひとりむすめのふきを大切に育ててきました。お父さんのねがいが天に通じたのか,ふきは美しくて心のやさしい,はたらき者のむすめになりました。 おかあさんが・・・
 ある秋のこと,お父さんはあつい夏のつかれがでたのか,病気にかかってねこんでしまいました。ふきはけんめいにかん病をしました。昼はお父さんのぶんまではたらき,夜もろくにねないで,くすりをのませたり,ひたいの手ぬぐいをかえてやったりしました。それでもお父さんの病気は,ちっともよくなりません。日ごとにお父さんはやせほそり,話し声も小さくなっていくのです。
つぎのページへ