私からのメッセージ
Back

                            〈自立することと共生できること〉

 私たち人は、幸せになるために生きていると考えます。そのために地域にある公立の小学校として、子どもたちが夢をもち、またそれを実現するために目標を具体的にたて、粘り強く取り組んでいく強い心をつくっていく必要があると考えています。また、強い心は、その努力の過程で培われると考えます。
 具体的には、高く遠い理想を追い、現実との乖離にくじけそうな自分を励ますためにもよい習慣を身に付けさせることが大切です。また、人間は決して一人で生きていけない社会的動物でもあります。助け合い、励まし合ってこそお互いの「夢」に近づくことができると考えます。「夢」が実現することでさらに社会(ふるさと)もよくなります。それを導くのが教師の仕事と考えます。
 「よい習慣」と「励まし」による「小さな成功体験」の連続こそ自信となり、高く遠い理想としての「夢」に近づく大きなエネルギーとなるはずです。美しい「夢」が、確固とした「志」に育つを期待しています。幸せとは、自分自身だけではない、社会(ふるさと)の幸せをも含むものと考えます。

校長 丸山 琢磨

飯島南小学校長としての教育理念