●ドリームタイム活動(花いっぱい活動)
  本校では1年生から6年生までの縦割りグループでいろいろな活動をしています。4月は顔合わせの会、5月苗植え、6月ふるさと探検、11月苗の片付け、1月ありがとう会食があります。
 花いっぱい活動の一環として縦割りグループで花を育てる活動に取り組んでいます。

●ふるさと探検
 飯南小の学区を舞台にした、大探検です。リーダーの6年生を中心に、グループ毎にいろいろなチェックポイントをクリアしていきます。 チェックポイントでは、各学年のメンバーが回答できるように、工夫された問題が出されます。みんなで協力する大切さと地域のよさが分かる活動です。記念写真ではみんないい笑顔です。
 

●飯南夏祭り
  飯南夏祭りは学校創立5周年を機に、子供会を中心とした地域活動を充実させることにより児童相互の連帯感や郷土意識を育てることを目的として開催されました。
 
今までのねらいを踏まえ、家庭・地域社会・学校が一体となり、夏祭りを盛り上げていくために、大勢が参加できる日曜実施としました。
 
     
●児童あいさつ運動(あいさついっぱい活動)
   あいさついっぱい運動の一環として、春・秋・冬と年3回、3年生以上の学年が1週間交代であいさつ運動を行っています。
 児童玄関前で元気なあいさつを交わすことで、今日もみんなでがんばろうという気持ちを高めています。
 1・2年生の子どもたちも元気なあいさつを返してくれます。
 
 

 
●全校音楽集会(歌声いっぱい活動)
  歌声いっぱい活動の一環として、本校では7月と12月の長期休業日に入る前日に、音楽集会を行っています。
 
集会によってテーマが設定され、そのテーマに沿ったストーリーが各学年による演奏で表現されます。毎回招待している教育懇談員の皆様からも「とても感動しました」とのお言葉をいただいています。

 
●全校一斉昼掃除
  平成27年度から取り組み始めました。「無言できれいに」をめあてに、全児童と全職員が、15分という短時間で一斉に掃除を行います。
  全児童に掃除区域の担当が割り当てられているので、この時間帯に他の活動をしている児童はおりません。
  これで校舎もみんなの心もピッカピカです。  
 
●大玉送りゲーム(1年生を迎える会)
  学校創立の早い時期から、1年生を迎える会で「歓迎ゲーム」として取り入れられました。
 「1年生が喜んでくれる」「全学年の協力が必要」「全児童が盛り上がる」という理由から、今日まで続いている本校児童会の伝統ゲームです。
 ゲームが始まるとコースを外れたり、落としたり、毎年大賑わいで楽しい会になっています
 

 
○おはなしどんどん(読み聞かせ活動)  
  おはなしどんどん(読み聞かせボランティア)による読み聞かせが、平成14年10月より金曜日の朝の活動時間に主に低学年の教室で始まりました。平成16年には高学年にも定着しました。そして平成24年にはおはなしどんどん十周年として本校児童から感謝のお手紙を送りました。
 おはなしどんどんメンバーは本校OBを中心としたボランティアメンバーです。「本のおもしろさを伝えたい」「読書が心の栄養になるように」と熱心に活動してくださっております

     
     
○ぱくぱくタイム(食育) 
 平成27年度から栄養教諭による訪問指導「ぱくぱくタイム」が始まりました。各学級へ月1回、給食時間やその前後の時間を活用して取り組んでいます。給食目標や農産物の栽培活動と関連を図った内容にしたり給食を教材にしたりすることで、学んだ知識を給食の場で実践できるように努めています。 
     
     
○秋田厚生医療センターとの交流    
  本校ではボランティア活動の一環として、ボランティア委員会が中心となり全校児童の協力のもと「アルミ缶」を収集しています。そのアルミ缶を売った資金で、医療センターへ毎年「車椅子」を贈呈してきました。
 平成27年からは医療センターの皆様の要望をお受けし、待合室の図書等必要な物を相談して贈呈しています。
  また、本校器学部も年1回、その練習の成果を発表する機会をいただくと共に参加の皆様にも喜んでいただいております。
 
     
  
本校の特色

チーム飯南

○学校に勤務するすべての教職員が、飯南の子どもたちの成長のために今何をなすべきかを問い続け、ベクトルを揃え一丸となって育てることを目指します。すべての教職員は、それぞれの責任と役割分担の中で、よさを発揮しながらも個人だけでは なくチームを組織して、子どもたちに積極的にかかわっていきます。