秋田市立御所野学院高等学校のホームページをご覧くださいましてありがとうございます。

 御所野学院は平成11年4月に中学校が開校し、翌年に高等学校が併設されました。秋田県初の併設型中高一貫教育校として、今年で18年目を迎えます。「伸びゆく秋田と共に学ぶ学校」を基本理念とし、「個性の伸長と愛郷心の高揚」を教育目標に掲げています。

 平成28年8月に秋田市総合教育会議で、これまでの「併設型中高一貫校」から「連携型中高一貫校」への移行が決定し、この4月、中学校に「連携型」の1年生が入学しました。高校には3年後、連携枠による学院中学校からの進学に加え、学院中学校を含む秋田市内の中学校から、高校受験により入学生を受け入れる形になります。その際の連携枠や選抜に関する事項、教育課程等について、今年度から検討していきます。
 「郷土学」等、本校独自の特色ある教育プログラムは可能な限り実施していく予定です。また、中高合同での体育祭や部活動、English Villageなど国際教養大学との連携も、今後ますます充実させていきます。

 今年度、中高共通の経営の重点として次のことを掲げました。
(1)中高一貫教育校としての特色ある教育活動の推進
(2)豊かな心をもった魅力ある人間性の育成
(3)地域に根ざした教育の推進
(4)コミュニケーション能力の育成と国際理解教育の推進
(5)高等学校卒業時の進路実現に向けた支援体制の強化

これからも中高の生徒が共に学ぶ特色ある教育を通して、生徒一人一人の夢の実現に向けて努力してまいります。
 皆様からの一層のご理解とご支援をお願いいたします。

平成29年4月
秋田市立御所野学院高等学校
校 長     船木 文子