平成29年度秋田南中学校前期生徒会(第65期)
   生徒会スローガン


 「Ambition」とは,「何かを成し遂げたいという盛んな意欲、大望」を意味します。
このスローガンには,全校生徒が志を抱き,一人一人が夢に向かって日々の努力を惜しまず,秋田南中学校としてよりよい方向に進んでいこう,という思いが込められています。意欲をもって物事に取り組み,仲間と助け合いながら,これまでの南中の伝統の上に新たな伝統を築いていきましょう。全校生徒が志を胸に抱き,その実現に向かって前向きに取り組むことで,南中全体として大きな一歩を踏み出すことができると考え,このスローガンを提案します。
生徒会基本方針と提案
■ あいさつ ■
 あいさつは私たちが生活し,コミュニケーションをとるうえで不可欠です。「おはようございます」「こんにちは」の一言で,自分も相手も明るくさわやかな気持ちになります。心のこもったあいさつをすることで,人と人との輪が広がります。さらに,地域の方とあいさつを交わすことによって,地域との交流も広がります。あいさつは,たくさんの人とつながるきっかけになります。毎日のあいさつを大切にし,友達や地域の方とのつながりを広げていきましょう。そして,全校生徒の明るいあいさつが響き合い,笑顔があふれる南中を目指していきましょう。

■ つながる ■
 「つながる」には,人や心を一つに結ぶ,つなぎ合わせる,という意味があります。私たちは,人と関わり合いの中で成長することができます。仲間と力を合わせ,多くの人とつながることによって,新しい発見をしたり,自分が変わるきっかけが生まれたりします。職員玄関から保健室前までの廊下は,「まごころ〜ど」と名付けられています。「まごころ〜ど」の取組は,校外からのお客さまに心を込めてあいさつし,保健室で休んでいる人を思いやり,静かに通行しようということで始めました。今一度「まごころ〜ど」の意義を全校で確認し合い,相手への気遣いができる南中生を目指していきましょう。また「ちょこっとボランティア(ちょボラ)」の活動でも地域とつながり,より地域の方から愛される学校を目指し,行動していきましょう。
  

■ 励む ■
 毎日の部活動や学習でも,目標をもち,その達成に向けて一生懸命に活動に励むことが大切だと思います。自分の目標に向かって励み,達成できると,それは大きな自信になります。南中の全校生徒がしっかりと自分の目標をもち,日々向上心をもって励むことで,より活気のある学校になると思います。一人一人が大志に向かって,精一杯取り組んでいきましょう。


◇◆◇生徒会執行部の具体的な活動◇◆◇

1 生徒会行事の企画・運営(生徒総会,各種大会壮行会・報告会,全校集会など)
2 南中サミットの運営と各委員会への協力
3 「中学生サミット(年3回,秋田市内の各中学校の代表が集まる会議)」への参加
4 校内の生徒会掲示コーナーの管理