「Advance」とは,「前進,進歩」を意味します。
 このスローガンには,全校生徒が夢や目標に向かって日々励み,秋田南中学校全体としてよりよい方向へ進んでいこうという思いが込められています。昨年の10月28日に行われた生徒総会において,仲間と互いに手を取り合って,助け合いながら,南中のこれまでの伝統の上に,新たな歴史を築いていこうという考えのもと,全校生徒から承認を得たもので,今年の10月まで引き継ぐこととしています。

生徒会基本方針と提案



 私たちの生活のいろいろな場面で,あいさつは欠かせません。あいさつは,人との関わりを築くために必要なコミュニケーション方法の一つです。「おはようございます」「こんにちは」「おつかれさまです」などの一言が親しみや敬意を相手に伝えてくれます。心のこもったあいさつをすることで,あいさつを交わした相手も自分も温かい気持ちになります。
 また,時と場合に応じて立ち止まってのあいさつを心がけることで相手への敬意の気持ちを伝えることができます。さらに,今年は職員玄関から校長室前の廊下を『まごころーど』と名付け,校外からのお客様に心を込めたあいさつを,そして保健室で休んでいる人を思いやり,静かに通行する取り組みを全校で行いたいと考えています。 
 あいさつは,人と人とをつなぎ,よりよい関係を築くことにつながります。心のこもったあいさつを通して,人との関わりを大切にしていきましょう。



 「まごころ」とは誰もがもっている誠意のある優しい心です。まごころや思いやりの心をもって人と関わることは,新たな人間関係を築いたり,仲間との絆を深めたりすることにつながります。一人では解決できないことでも,仲間と協力することで解決策が見つかり,困難なことも乗り越えることができると思います。
 また,まごころのある行動は人を元気づける力になります。そこで,私たちを支えてくれている周りの人や地域の方々への感謝の気持ちを込めて,「ちょこっとボランティア(ちょボラ)」の活動を企画していきたいと考えています。
 校内をはじめとし,地域や社会のためにもまごころのある行動ができる南中を目指していきましょう。



 部活動でも学習でも,自分から進んで新しいことに挑戦し,一歩踏み出してみることで「新しい自分」に出会うことができると思います。新たなことにチャレンジし,それをやり遂げるとそれは大きな自信になります。全校生徒がチャレンジ精神で諸活動に取り組むことによって,学校全体を活性化していくことができるはずです。大きな志のもと,常に挑戦する気持ちをもって諸活動に取り組んでいきましょう。

生徒会執行部の具体的な活動
1 生徒会行事の企画・運営(生徒総会,各種大会壮行会・報告会,全校集会など)
2 南中サミットの運営と各委員会への協力
3 「中学生サミット(年3回,秋田市内の各中学校の代表が集まる会議)」への参加
4 校内の生徒会掲示コーナーの管理